忍者ブログ

僕の公務員試験全記録

以前受けた公務員試験の受験記録を掲載しています。 参考になれば幸いです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第三次試験

第三次試験は個人面接と適性検査。ほんとにフルコースだ。健康診断書の提出まである。健康診断は職場のものもあったが、一応あらためて受診。しかし、なんかイマイチな病院だったので職場でしていたものを持って行った。面接の直前に控室で提出した。他の人と様式が違うのでいろいろチェックされたが大丈夫だった。ちなみに、この三次試験では前年まで作文というのがあったらしい。意味ないと思ってやめたのだろうか。受験生としてはありがたいことだ。

「最終の個人面接なんて何やるのかな…」正直なめていたといってもいいだろう。どうせ世間話程度で終わるんじゃないの?という感じで。そんな甘い期待は見事に裏切られた。

「では、これから最終試験における質問をお配りします」
みんなの待機場所である大会議室から別室の控室に呼ばれて、係員の職員の人にこう言われた時には正直キョトンとした。「へえ、事前に質問を教えるんだ、珍しいな」そう思って受け取ったカードには…

お題が書いてある!!!!

なんと、最終面接はこれまでで最強の口頭試問だったのだ。3つ書いてあるお題の中から1つを選んで面接会場で回答せよ、と。心拍数がどんどん上がっていくのが分かる。まさかこんな休日の朝にこれほどの窮地に追い込まれるとは、一族郎党、職場同僚、自分の妻においてもまさか想定していないに違いない。いくらサプライズ好きでもえてして自分が驚かされるのはあまり好きではないもの(笑)。さあ、必死で考える。ひとつは政策系のお題。他の2つはその場で考える系の知識問題ではない問題だったように思うが、答えられそうなのが政策系のものしかなかったので覚えていない。たしかに自分の人生の岐路に当たってそうすんなり行くはずがないのだ。後から考えれば、お題を渡されてから一番早く僕が面接会場に案内されたので、正味数分、長くても3分はなかったと思う。入室してぼんやり、今回は真ん中が人事部長、両サイドが局長級かあ…と朦朧とした頭で思いながら何かをしゃべった。時間まで測られていてもう何が何だか。あんなに長い時間しどろもどろのまましゃべり続けたのは人生初ではないか。

大して手応えもないまま最後の適性検査。これまた20分くらいで100何問やらされるという地獄のスピードテスト。30歳超えるとスピードが全然出ないのがよく分かった。「這ってでも」という形容がとってもよく似合うほどボロボロでなんとか終了。まさか最終試験でこんな目に遭わされるとは。ダメかもな…そう思った。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/18 読者]
[01/24 通りすがり]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 僕の公務員試験全記録 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]