忍者ブログ

僕の公務員試験全記録

以前受けた公務員試験の受験記録を掲載しています。 参考になれば幸いです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1-9.県職員採用試験 2次試験@県自治研修所

 都の試験が終わって根拠もなく合格を確信してしまったために県庁へのモチベーションがなかなか上がらず参った。
 実は県庁試験2日連続の前日には近隣市役所の1次筆記試験があったのだが、ここを受けに行くと疲れて東京都2次試験の二の舞になると思ったのと、体調的に県まで気持ちを持続させるのが困難だと感じて辞退した。
 ちょうどその日、受験予定の市に住んでいる親戚がうちに来ていて、見つかってしまったので「市は受けないことにしたんですよ」と言うと、「バカか、こいつは。都とか県とか受かるわけねーだろ。この先どうすんだ?」みたいな顔されたので(あくまで勝手に読み取っただけ)、「いいんだよ、別に!」と心で言い返してから出発した。
 なお、なぜ前日に家を出発したかというと、2日間の開始時間が9:00と8:30だったのでその日に出ると朝早すぎて眠すぎる、という事態になりそうだったため。県内なのに宿泊せざるを得ない実家の立地条件をいささか呪った。前日の夜は参院選の与党惨敗の投票結果を見て興奮したのと、部屋が暑すぎ+クーラーつけると寒すぎという悪循環に陥りあまり寝られなかった。

1-9-1.2次試験1日目
 バスで行くつもりだったがよくよくバス乗り場を見てみると駅の反対側から出ていた。ったく、しょうがねえな、歩いていくか、と商店街の中を延々20分くらい歩いていった。カバンも軽かったし、いい気分転換にはなった。
 バスで来てる人や自転車で来てる人を途中見たが、会場までタクシーで何人も乗り付けてきたのには多少驚いた。

●論文試験(60分)
 論文試験の問題は、「わが県が将来、所属する州において中心的役割を果たしていくためには何が求められるか」だった。
 書いたことないテーマだったが、1時間しかなかったし、思いついたものをそのまま書いた。実は10分前くらいには余裕で書きあがってしまった。出来は正直良くねーな…と思ったがとりあえず制限時間内に書くことができたのでほっとした。
 なお、1次試験でも思ったがなぜ試験が終わった後「姿勢を正してください」と言うんだろう…というのが一番の謎だった。

●面接カードの記入(80分)
 記入内容は、自己PR、印象に残っている体験、志望動機とやりたい仕事、趣味、特技、職歴、学歴など特に変わった項目はなし。メモとかを見ながら書いてはいけないと言われたのは意外であった。早めに書き上げてそそくさと退散。

 この日はこれで終わり。昼までには終わった。その後は街に繰り出し、軽く読めて笑えそうな本(新潮文庫の『言いまつがい』)を買ってホテルで読んでいた。面接が明日でよかったなと思った。土用の丑の日だったからか商店街では鰻がたくさん出ていた。おいしそうだったが高いし買えなかった。

1-9-2.2次試験2日目
 この日も同じく歩きで。鰻関連のものは全て引っ込んでいた。とにかく晴れでよかったと思った。やはり雨と晴れでは気分的にも全然違うからだ。

●集団討論(40分)
 テーマは「小学校における英語教育について」。メンバーは6人。受験者の内訳は男4女2。流れとしては、

最初の3分で各自意見をまとめ、その後1人1分ずつ意見表明(約10分)。

残りの約30分でフリーディスカッション。

という感じ。
 時間を超えるとアラームがけたたましく鳴り「あとは討論の中で」と容赦なく打ち切られる。打ち切られた人は結構ヘコんでた。僕はなんとか免れた。
 イヤだったのは席の配置。円形でもコの字型でもなく、受験者が微妙に内に向いてゆるーい弧を描いているのだ。で、その前に面接官が4人ズラリ。これでどーやってまともな討論するのよ、と正直思った。頼むから普通に討論できそうな形だけは整えて欲しかった。

 正直いって出来はイマイチ、というか完全に失敗した。
 なんとなく流れで「司会とかナシで行けるんじゃね?」と勝手に判断して口火を切ったら、優秀そうな女性受験者に「司会決めませんか」ともっともな指摘をされ、その後も「議論の方向性を決めるのがいいんじゃないですか」などと至極もっともなダメ出しをされ続けた結果、僕は完全なピエロと化した。ここまで道化っぽくなったのは初めてである(笑)。たぶんこの女性は自分が司会をやりたかったんだと思う。させてあげればよかった。結局、口火を切った責任を取り司会を引き受けたが、流れができるまでがしんどかった。たぶんみんなやってきた模擬集団討論のやり方が違うのね、と思わざるをえない。
 議論でやったことと言えば、「とにかく英語教育の早期導入は国語力がどうの…云々」とはっきりしない1人を、「じゃあ1年生からの導入は絶対ダメですか?」とやや極論を投げかけ潰して、一応「英語教育導入には賛成」という全体意見をまとめた。その他は問題点などについて話し合ってタイムアップ。まとめも十分とは言えなかったが途中でやる気を失いかけたにしてはとりあえず最後まで粘り強く頑張った方だと思う。ただ、完全に失敗した感は拭いきれず、点数は相当悪いだろうなと思った。

 なお、試験中は、前述した優秀そうな女性受験者が常に僕の方を向いて「何やってんだ、このカス」と目で口ほどにモノを言われているような気がして非常に怖かった。また、みんな緊張してるのは分かるが、僕以外に全く笑顔がないという実に奇妙なディスカッションであった。試験のディスカッションは大変だなと思った。できるだけもうちょっと楽しいディスカッションにしたかった。

●個人面接
 例年2回と聞いていたが今年は2次受験者が多いためだろう、回数は1回だった。県の方でも2回目の面接の意味なさをようやく感じたのかもしれない。まあ今回はなくてよかった。
 面接官は4人の個別面接。内訳は男3女1。年配の男性2人、中年女性1人、中年人事男性1人という感じ。年配の1人はちょっと冷たい雰囲気。あとは普通。でも質問は結構嫌なのをしてきた。時間はだいたい25分だった。

主な質問内容
・志望動機をもっと詳しく
・やりたい仕事の理由
・なぜ公務員でないといけないか
・公務員の役割はどんなものかイメージは
・最近気になったニュースは
・退職するきっかけは
・自分はリーダーに向いていると思うか
・向いているとすればどんなリーダーか
・やりたい仕事につけなかったらどうするか

 その他、性格や趣味など自分の事をどんどん話させようとしてくれる。前日に書いた面接カードは満遍なく聞いてくるが、その合間にポイントとなりそうな質問をさりげなく挟んでくる。かなりベテランな面接官揃いといった印象。うっかりしゃべりすぎるとよくないなと気をつけるようにした。
全体的に面接はまあまあうまくいったと思う。
 志望動機が「説明会の時の印象が良かったので」とかいう相当曖昧なものだったのでかなり不審がられたが、その後された追加の質問にはキチンと答え納得させることはできた。相手の印象に残る言葉も使えたし、東京都ほどではないにしろ手応えは感じていた。さすがに県と都のどっちかは受かってるんじゃないのかなぁと思っていた。
 全て終了は10時半。朝は早かったけどとにかく早く終わってよかった。試験がすべて終わったのがとにかくうれしかった。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/18 読者]
[01/24 通りすがり]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 僕の公務員試験全記録 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]