忍者ブログ

僕の公務員試験全記録

以前受けた公務員試験の受験記録を掲載しています。 参考になれば幸いです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1-8.東京都職員Ⅰ類B採用試験 3次試験@東京都職員研修所

 場所は前回と同じ。時間は15時前に集合の組だったのだが、ホテルは結構早く出なきゃいけなかったし、ソワソワしまくって早くゆりかもめに乗ってしまった。結局終点の豊洲まで行って駅でボーっとしたりして時間を潰した。昼食は食べる気がしなかったのでウイダーインゼリーのみ。集合場所を1フロア間違えてエレベーターから降りたり、トイレからの帰り道で軽く迷子になったりして道中は散々ではあったが、「面接でやるはずの失敗を今やってるんだ」と思い切りプラスに捉え、本番に臨んだ。

 面接直前はとても喋れる気がしなかった。また、前の人の面接が時折聞こえてきたりして(渋い男性の声で「でも君には向いてないと思うんだけどねえ」というやりとりが聞こえた。受験者は顔面蒼白で出てきてそのまま僕に一言も声をかけずに帰っていった…)戦慄していた。ただ、前職での苦手な社長さん・支店長さんが5人揃って並んでるのよりはマシだろ、と考えたり、そういや今まで面接の時に本気で自分の意見プレゼンしたことあったっけ、ないなあ、1回ぐらいビビらずにやってみるかぁと思ったり、以前上司に「Rくん、とにかく自信もってね」と言われていたのを思い出したりとか、最終的には「ま、殺されるこたぁねえだろ!」と開き直り(僕の場合、大体こう思えたらなんでもできる)、ノックする前に亡くなったじいちゃんとひいばあちゃんに「最後まで頑張らせてね」と祈りつつ入室した。待ち時間が長かったのでいろいろとにかくセルフコントロールに努めた。

●面接記録
面接官は男2女1の計3人(真ん中に若めの男性、両端年配の男女)の個人面接。時間は大体40分程度であったと思われる。
主な質問内容は次の通り。

・前職のこと(職務内容について)。
・なぜ辞めたか?
・人間関係で難しかったことは何か?
・仕事はどんなことが難しかったか?
・それらをどう乗り越えたか?
・東京都でやりたいこと詳しく。
・希望の部署につけなかったら?
・管理職になりたいか?それはなぜ?
・部下とかで協力してくれない人がいるかもしれないけどその時はどうする?
・質問とか最後に一言とかはなし。

 流れとしては、最初にアイスブレイク的な会話で緊張をほぐさせてから面接官が順番に質問。僕の時は…

①向かって左の女性面接官がまず前職のことについて質問

②今度は向かって右の年配の男性面接官が東京都でやりたいことについて具体的に聞いてくる。
(「困ったことを言う人だなぁ」みたいな雰囲気でなぜかなだめるような口調で話してくるので、こちらが何か無理を言っているような気がしてくる)

③最後に真ん中の若めの男性面接官が若干ケンカ腰で今まで話したことを否定しにかかってくる

という感じ。
 東京都の面接では、先入観を与えないため、出身大学名や留学先など固有名詞を出しての説明はNGになっており、それを拡大解釈(合ってる?)して前職の会社名も出さなかった。しかし、これが非常に難しく、職務内容も外部の人にはちょっとわかりにくかったために面接では苦労した。面接官の方に分かるかどうか確認したりしながら、分からなければより具体的に例を挙げて話すなどその場の反応を見ながら説明した。退職理由を一生懸命(内心はビクビク)説明するとあっさりうなずいて納得してくれたのでほっとしたし、大きな自信になった。

 面接官のテクニックで印象に残っているのは、向こうでこちらの話をまとめるフリをしてさりげなく話を誘導し、受験者を追い込もうとしてくることだった。
 例えば、「あなたが今おっしゃったことを私は○○という風にとらえているんですが、こういう理解でいいですか?」と聞く。この「○○」のところをよく聞かずに「ええ、まあ」なんて言おうものなら揚げ足を取られてドツボにはまるのだ(例えば「あれ、さっきあなた、こう言いませんでした?今言ったことと違うんじゃない?」とか)。東京都の2回目の面接ではとにかく「矛盾しないように気をつけろ」というアドバイスをいろんな人からもらっていたが、そのカラクリはこのテクニックにあるんじゃないかと思った。
 こういう嫌な追い込み方については、もし意図が予感できたらできる限り回避するのが得策だと思う。無駄なドツボにはたとえ準備をしていても嵌まらないのが賢いと思う。思わぬことで足元をすくわれる可能性がある。
 その他、政策の話をしていた時になんだか難しい話になりすぎてお互いに「あれ?何の話してるんだっけ??」という雰囲気になり若干焦ったが、なぜか深追いされずそのまま「やりたい仕事につけなかったらどうする?」というお決まりの質問に移ったのでホッとした。
 面接全体を通じて、突っ掛かってくる感じだったり、無表情だったり、呆れた感じで話を始めたりと受験者にストレスをかけようとしている様子は見て取れた。1人の面接官がこっちの話を聞いている間に他の面接官はイスの背もたれに寄りかかったり、しきりに首を傾げるなどして意識的に態度悪くしてみたり、ということもされていたように思う。
 しかし、なぜか冷静に受けることができ、質問の意図を把握することもできていたので圧迫面接とは感じなかったというのが正直なところである。よく分からないことについては「どういうこと?」と聞いてくるのが人情としては当然だと事前に心構えをしていたことも良かったと思う。

 3次試験の自己評価はかなり高かった。ちゃんと頭も回ったし、答えられなかった質問もなかった。手応えとしては、正直いってあれで落ちたらしょうがないという感じをもった。終わった直後はなぜか合格をほぼ確信していたし(後でどんどん不安になったが…)、これでダメだったらそもそも他の点数が最初から悪かったんだろうと思うことにした。自分としては気持ちを込めていい話が出来たと思ったし、面接官の方々もこちらの話を非常によく聴いてくださったという印象を持った。何よりとてもよい面接ができたと感じたので非常に満足だった。
 なお、都の志望動機、なぜ遠隔地から東京を受けにきたのか、他の受験状況、自己PR、といった質問はなかった。なぜ遠隔地から?という質問がなかったのは意外だった。手元にそういう資料がなかったのかも知れない。聴き忘れたんじゃないかな、とも思った。

拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/18 読者]
[01/24 通りすがり]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 僕の公務員試験全記録 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]