忍者ブログ

僕の公務員試験全記録

以前受けた公務員試験の受験記録を掲載しています。 参考になれば幸いです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1-6.東京都職員Ⅰ類B採用試験 2次試験@東京都職員研修所

 いよいよ都庁の面接。僕の場合は県庁の1次試験の2日後が都庁の2次試験だったので、県庁後の都庁前日の午前中に最後の総復習として予備校で模擬面接を受けてから気持ちよく東京に出発するつもりだった。
 ところが、万全を期すつもりが、前日の県庁筆記試験の疲れが想像以上だったためか、模擬面接では全く頭が回らない。今までハマったことのなかったドツボにハマりまくる。先生も「一体どうしたんだ、今まですごく良かったのに」と首を傾げている。それ以上に自分でもおかしいと思う。時間を置いて何回やり直してもダメ。最終的には、僕も先生も今日のコイツ(僕)は無理だと判断し、そのまま出発することになってしまった。
 しかし、あんまり不安なので最後に主な質問に対しての着地点だけは確認させてもらった。どんなにこんがらがってもとにかくこういうことを言いたいんだ、という点だけははっきりさせておきたかったのだ。最低限の着地点を確認する時には幾分か落ち着いており、途中からは普段どおりに喋れるようになった。先生は「大丈夫だよ、喋れるよ。」と言ってくださった。
 自分でも今日はとにかく休もうと思い、新幹線の中では、面接対策のノートを読み返したりすることもなくずっと小説&テトリス。ホテルに着いてからはゆっくり好きなものを食べて、テレビを観て、気持ちを楽にしながら就寝した。そのおかげか疲れもまあまあとれたようだった。

 当日は午後からの面接なのでゆっくりできた。
 ホテル近くのミスドで面接カードの清書&コンビニにて指定された枚数分コピーなどをしてから、ゆりかもめでテレコムセンター駅へ。この日はテレビでやってた占いは最下位だったが、今まで占いは悪い方がいいことあったりしたので気にせず。とにかく「今日は頭回る!」と自分に言い聞かせて面接に向かった。研修所がめちゃめちゃ立派で「東京都、ハンパねえな」と思った。

●面接記録
面接官は男2女1(いずれもベテランっぽい)の個人面接。時間は30分程度。
主な質問内容は以下の通り。

・ サークルの話
・ 長所と短所
・ それを裏付ける具体例など

 質問はこれらに終始。こちらから前職のエピソードを思い切り喋っているのにそこには一切触れられず。かえって不気味だった。
全体的に雰囲気は穏やかだったが、「長所を発揮できない状況になったらどうする?」という質問には困った。
 その他、「短所を裏付ける具体例」がすぐには答えられなかったので相当焦ったが、「では最後に一言何かあればどうぞ」と言われた時にもう一度質問をしてもらい、きちんと答えることができた。短所のエピソードを話すだけではなく、「…だからこういうところに気をつけていて、それが今の長所になっているんです」という風に「面接で話したこと全体」をまとめるようなことが言えたのでとりあえずはリカバーできたんじゃないかと思った。そう言ったときは面接官も3人ともすごくうなずいてくれていた。

 それでも終了後は途中で詰まってしまったショックが大きく、あまり希望は持てなかった。終わったというとりあえずの開放感だけが残った。
受けてみた印象では、とりあえず1次試験の合格者を例年より多く出してみて、2次試験であまり差がつかないような加点をした結果3次に進む、という感じ。1次が良ければ進むだろうなとは思った。だが、1次の論文に自信が持てなかったのでどちらかというと悲観していた。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[03/18 読者]
[01/24 通りすがり]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

Copyright ©  -- 僕の公務員試験全記録 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]